吸引管

開放特許情報番号
L2016001919
開放特許情報登録日
2016/12/15
最新更新日
2016/12/15

基本情報

出願番号 特願2015-029428
出願日 2015/2/18
出願人 国立大学法人 千葉大学
公開番号 特開2016-150135
公開日 2016/8/22
発明の名称 吸引管
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品、情報・通信
機能 機械・部品の製造、検査・検出、安全・福祉対策
適用製品 吸引管
目的 従来の吸引管は、吸引口が詰まりやすい。
効果 本発明によれば、吸引口が詰まりにくい吸引管を提供することができる。また、簡易な構成の吸引管を既存の吸引装置に取り付けて利用することができる。
技術概要
側壁に複数の吸引口が設けられ、中空部を有するアウターチューブと、
前記アウターチューブの中空部に回転可能に支持されたロータとを有し、
前記ロータの外側に螺旋状のウォームスクリューが設けられ、
前記ロータの内側に中空部を有することを特徴とする吸引管。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT