アンモニア合成触媒とその製造方法

開放特許情報番号
L2016001906
開放特許情報登録日
2016/12/14
最新更新日
2016/12/14

基本情報

出願番号 特願2016-021712
出願日 2016/2/8
出願人 国立大学法人 大分大学
公開番号 特開2016-155123
公開日 2016/9/1
発明の名称 アンモニア合成触媒とその製造方法
技術分野 機械・加工
機能 材料・素材の製造
適用製品 アンモニア合成触媒
目的 触媒活性が高く、触媒重量当たり及び担持金属量当たりのアンモニア生成活性が大幅に向上した、温和な条件でのアンモニア合成を可能にする希土類酸化物担持貴金属触媒を提供すること。
効果 本発明による触媒においては、ルテニウムが酸化プラセオジム担体表面に層状に一様且つ高分散の状態で担持されていることにより、高い触媒活性が発現するとともに、触媒重量当たり及び担持金属量当たりのアンモニア生成活性がルテニウムを用いた従来の触媒に比べて大幅に向上する。
技術概要
本発明による触媒は、酸化プラセオジム担体にルテニウムを層状に担持したことを特徴とする。本発明の触媒は、酸化プラセオジム前駆体を、低温、中間温度及び高温の順で焼成して酸化プラセオジムにし、これを溶媒中でルテニウム供給源にとともに撹拌後、溶媒除去及び焼成することにより得ることができる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT