データ伝送システム、データ伝送方法、データ生成装置、データ取得装置、及びプログラム

開放特許情報番号
L2016001892
開放特許情報登録日
2016/12/9
最新更新日
2016/12/9

基本情報

出願番号 特願2014-127670
出願日 2014/6/20
出願人 学校法人東京電機大学
公開番号 特開2016-009887
公開日 2016/1/18
発明の名称 データ伝送システム、データ伝送方法、データ生成装置、データ取得装置、及びプログラム
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 暗号技術
目的 電子署名の実行速度を高速化する。
効果 本発明によれば、電子署名処理を高速化する技術が提供される。
技術概要
データ生成装置3000−1は、データ生成装置3000−1の固有暗号鍵である固有暗号鍵40−1を用いて平文50−1を暗号化することで、暗号文30−1を生成する。そして、データ生成装置3000−1は、固有暗号鍵40−1に対応する鍵生成情報20−1と、暗号文30−1とを組み合わせて、伝送データ10−1を生成する。データ取得装置4000は、伝送データ10−1に含まれる鍵生成情報20−1及びマスタ暗号鍵100を用いて、固有暗号鍵40−1を生成する。そして、データ取得装置4000は、固有暗号鍵40−1を用いて伝送データ10−1に含まれる暗号文30−1を復号する。データ取得装置4000は、暗号文30−1が正しく復号できた場合、伝送データ10−1が正当であると判定する。以上のように、秘密鍵暗号を用いて電子署名を行うことで、高速な電子署名を実現している。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 東京電機大学

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT