有機EL照明光通信システム

開放特許情報番号
L2016001885
開放特許情報登録日
2016/12/9
最新更新日
2016/12/9

基本情報

出願番号 特願2011-009093
出願日 2011/1/19
出願人 学校法人東京電機大学
公開番号 特開2012-151677
公開日 2012/8/9
登録番号 特許第5709162号
特許権者 学校法人東京電機大学
発明の名称 有機EL照明光通信システム
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 制御・ソフトウェア、機械・部品の製造
適用製品 有機EL照明光通信システム
目的 照明用光源からの複数の光波長を独立に組み合わせて、それぞれの光波長でデータ伝送を実現することにより、大容量の通信システムを実現する有機EL照明光通信システムを提供する。
効果 受信装置は変調信号に載せられたデータを受信することができる。ここで、受信装置が判定回路を備えるため、カラーセンサの波長帯域に他の波長帯域の変調光が混在しているか否かを判定することができる。このため、本願発明の有機EL照明光通信システムは、各波長の変調光を適切に受信することができる。
また、カラーセンサで受光可能な波長帯域を送信装置に通知することができる。そして送信装置がその波長帯域を用いて変調光を送信することで、汎用のカラーセンサを用いてデータ通信を行うことができる。
技術概要
複数波長の光を波長ごとに異なる変調信号で変調した変調光を有機EL光源を用いて発生させ、前記変調光を照明用の光として出射する送信装置と、前記送信装置の出射する前記照明用の光から予め定められた波長帯域の光を受光し、前記波長帯域ごとの受光信号を用いて前記変調信号を復調する受信装置と、を備え、
前記受信装置は、予め定められた複数の波長帯域を有し、前記変調光を前記波長帯域ごとに受光するカラーセンサと、前記カラーセンサの受光する閾値レベルを前記波長帯域ごとに可変する閾値制御部と、前記カラーセンサからの各受光信号から単一の変調信号が抽出可能か否かを判定する判定回路と、前記判定回路によって前記変調信号が抽出可能と判定した信号を復調する復調回路と、を備え、
前記カラーセンサは、前記閾値制御部の設定する閾値レベルを超えた光を選択的に受光し、前記閾値制御部は、前記判定回路によって前記変調信号が抽出不可能と判定した信号の波長帯域における前記閾値レベルを上げる、有機EL照明光通信システム。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 東京電機大学

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT