水切りボール容器付き米とぎ器の米とぎ方法

開放特許情報番号
L2016001860
開放特許情報登録日
2016/12/7
最新更新日
2016/12/7

基本情報

出願番号 特願2012-094225
出願日 2012/3/30
出願人 岸 直江
公開番号 特開2013-212101
公開日 2013/10/17
登録番号 特許第5116063号
特許権者 岸 直江
発明の名称 水切りボール容器付き米とぎ器の米とぎ方法。
技術分野 生活・文化
機能 機械・部品の製造
適用製品 家庭用において冷水に手を入れることなく、少量の水で米をとぐ方法
目的 冬の寒い時期、冷水に直接手を入れることなく、少量の水で米をとぐ方法を提供。
効果 両端部を開口とする透明の筒状の本体容器に取手、上蓋、及び下蓋で構成する本体容器内部の下蓋側方の位置に脱着が可能である多孔を有する半球状の水切りボール容器を設ける構造から、冷水に触れることなく米とぎができるので手のためによい。
技術概要
両端部を開口とする透明の筒状の本体容器1に取手5、上蓋3、及び下蓋4で構成する本体容器1内部の下蓋4側方の位置に脱着が可能である多孔6を有する半球状の水切りボール容器2を設ける構造からなる米とぎ器の本体容器1の中に、上蓋3を開けて米と同量以上の水を入れ、上蓋3を閉めた後、下蓋4を上方に向けて取手5を持ち上下・左右に強く振ることで本体容器1内に水流が発生して、この水流の中で米粒どうしがこすれ合うことで米とぎを行ない、その後、下蓋4を開けてとぎ汁を排水し、次に米を洗浄するために排出した同開口から洗浄水を注水して下蓋4を取外した状態で本体容器1を軽く振り、同開口からとぎ汁の排水を行う一連の作業を繰り返しできる米とぎ器による米とぎ方法。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 岸 直江

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT