銅−モリブデン複合材料及びその製造方法

開放特許情報番号
L2016001853
開放特許情報登録日
2016/12/6
最新更新日
2016/12/6

基本情報

出願番号 特願2015-043395
出願日 2015/3/5
出願人 学校法人同志社
公開番号 特開2016-160523
公開日 2016/9/5
発明の名称 銅−モリブデン複合材料及びその製造方法
技術分野 機械・加工、金属材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 銅−モリブデン複合材料及びその製造方法
目的 従来の銅−モリブデン複合材料に比べ,モリブデン配合量が少なくても安定した低い熱膨張性を有するとともに、硬度が高く機械的特性に優れた銅−モリブデン複合材料及びその製造方法を提供すること。
効果 熱膨張性の高い銅の熱膨張が、熱膨張性の低いモリブデンからなるネットワーク部によって抑えられて、銅に比べ熱膨張の少ないものとすることができる。また、軟質の銅粒子が硬質で微細な粒子からなるモリブデンのネットワーク部によって囲まれているので、表面硬度を高いものとすることができる。
銅の粗大粒子がコアとして分散しているので、電気伝導性にも優れている。
技術概要
本発明にかかる銅−モリブデン複合材料は、3次元のネットワーク状に形成されたモリブデンの微細粒子領域と、この微細粒子領域のネットワーク内に包含された状態で分散配置された銅の粗大粒子領域からなることを特徴としている。
本発明にかかる銅−モリブデン複合材料の製造方法は、微細粒子からなるモリブデン粉末と粗大粒子からなる銅粉末をメカニカルミリングして前記モリブデンの微細粒子が前記銅の粗大粒子の周囲を囲むように付着したモリブデン/銅複合粒子からなるモリブデン/銅複合化粉末にするメカニカルミリング工程と、このメカニカルミリング工程を経て得られた前記モリブデン/銅複合化粉末をプレス成形したのち、燒結する工程を備えていることを特徴としている。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 学校法人同志社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT