サーモスタット装置 IA02−001JP

開放特許情報番号
L2016001840
開放特許情報登録日
2016/12/6
最新更新日
2016/12/6

基本情報

出願番号 特願2002-135076
出願日 2002/5/10
出願人 日本サーモスタット株式会社
公開番号 特開2003-329167
公開日 2003/11/19
登録番号 特許第3928936号
特許権者 日本サーモスタット株式会社
発明の名称 サーモスタット装置
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 サーモスタット
目的 エンジン冷却システムでの冷却水の流れを、冷却水温度にて小流量から大流量まで制御でき、作動性能にも優れ、また構造が簡略化され、コンパクトに構成でき、コストも安価であるサーモスタット装置を得る。
効果 エンジンの冷却システムにおいて、冷却水の温度によって冷却水を小流量から大流量に至るまで適切かつ確実に制御可能であり、温度ハンチング等の不具合を招くおそれもなく、また全体の構造が簡略化され、しかも全体をコンパクトに構成できるとともに、コスト的にも安価であるサーモスタット装置を得る。
技術概要
 
エンジン1の冷却水回路3の途中に設けられ、該冷却水回路を構成する冷却水通路11内での冷却水の流れを制御可能とする圧力室12を備える。冷却水を流入させる入口側通路11aと流出させる出口側通路11bとを選択的に連通可能に開閉する差圧弁13を備える。さらに、差圧弁に並設され、冷却水温度を感知することで開閉して前記圧力室と出口通路とを選択的に連通可能な温度感知式自動弁14を備える。前記入口側通路の冷却水を圧力室に対して流入させる第2の入口側通路15を備え、この第2の入口側通路の通路径を変更自在に制御するアクチュエータ16が設けられる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 通常実施権の許諾
その他の条件は未定

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT