色変換システム、前処理装置、後処理装置、プログラム

開放特許情報番号
L2016001816
開放特許情報登録日
2016/12/5
最新更新日
2016/12/5

基本情報

出願番号 特願2012-125902
出願日 2012/6/1
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2013-251797
公開日 2013/12/12
登録番号 特許第6002450号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 色変換システム、前処理装置、後処理装置、プログラム
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 色変換システム
目的 色覚異常を有する観測者が画像を観賞する際の快適性を向上させる。
効果 復号信号に対して第2の変換を施すことにより得られる変換後画像において、観測者にとって見やすい色の成分の情報がよく保たれているので、色覚異常を有する観測者は、画像信号が示す画像と同程度の視認性および画質で変換後画像を見ることができる。それゆえ、色覚異常を有する観測者の視認性および色覚異常を有する観測者が観賞した際の変換後画像の画質を向上させることができる。
技術概要
符号化手段20が符号化の対象とする符号化対象信号を符号化手段20に供給する前処理装置4と、符号化手段20が符号化した信号を復号する復号手段22から、復号信号を取得する後処理装置5とを備える色変換システムであって、前処理装置4は、観測者の色覚状態に基づいて、画像信号に対して第1の変換を施して、符号化対象信号を生成する第1の色変換手段10を備え、後処理装置5は、観測者の色覚状態に基づいて、復号信号に対して第1の変換に対応する第2の変換を施す第2の色変換手段11を備える。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT