放送通信連携受信装置

開放特許情報番号
L2016001813
開放特許情報登録日
2016/12/5
最新更新日
2016/12/5

基本情報

出願番号 特願2012-114215
出願日 2012/5/18
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2013-009351
公開日 2013/1/10
登録番号 特許第5901425号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 放送通信連携受信装置
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 放送と通信とを連携して、アプリケーションの起動を制御する放送通信連携受信装置
目的 編成チャンネルに連動して、アプリケーションの起動を制御することが可能な放送通信連携受信装置を提供する。
効果 通信回線を介して、アプリケーションの起動を制御するアプリケーション起動情報を、編成チャンネルに紐付けて送信することができる。放送局において既存の放送設備の軽微な改修によりまた、放送波の帯域を圧迫することなく放送通信連携受信装置における編成チャンネルに紐付いたアプリケーションの起動を、通信回線を介して制御することができる。編成チャンネルが切り替わった際に、前の編成チャンネルに連動したアプリケーションを終了させることで、現在選局中の編成サービスに対応したアプリケーションの起動を制御することができる。
技術概要
放送通信連携受信装置400は、通信回線Nを介して、編成チャンネルを特定する情報を含んだアプリケーション起動情報を取得するチャンネル連動情報取得手段406bと、アプリケーション起動情報を記憶するAPL起動情報記憶手段407と、編成チャンネルに対応するアプリケーション起動情報の制御コードで起動が指示されたアプリケーションを起動させる起動制御手段409aと、起動したアプリケーションを識別する識別情報を編成チャンネルに対応付けて記憶する起動APL識別情報記憶手段410と、終了が指示された、または、切り替え前の編成チャンネルに対応するアプリケーションを終了させる終了制御手段409bと、を備えることを特徴とする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT