甲状腺刺激ホルモンレセプター抗体アイソタイプ測定を用いたバセドウ病の病態診断キット及びバセドウ病の病態の診断方法

開放特許情報番号
L2016001785
開放特許情報登録日
2016/11/23
最新更新日
2017/9/28

基本情報

出願番号 特願2016-087002
出願日 2016/4/25
出願人 国立大学法人鳥取大学
公開番号 特開2017-106884
公開日 2017/6/15
発明の名称 甲状腺刺激ホルモンレセプター抗体アイソタイプ測定を用いたバセドウ病の病態診断キット及びバセドウ病の病態の診断方法
技術分野 情報・通信
機能 材料・素材の製造
適用製品 バセドウ病の病態診断キット、バセドウ病の病態の診断方法
目的 2種類の抗体を用いるバセドウ病診断キットを提供すること。
効果 診断キットを用いることで、バセドウ病の診断が可能となる。
バセドウ病の病態指標の検出が可能となる。
技術概要
バセドウ病を診断するための診断キットであって、甲状腺刺激ホルモンレセプター抗体に結合する標識化抗IgM抗体と、前記甲状腺刺激ホルモンレセプター抗体に結合する標識化抗IgG抗体と、を有し、前記甲状腺刺激ホルモンレセプター抗体に対する前記抗IgM抗体の結合量と前記抗IgG抗体の結合量の比をバセドウ病の病態指標として示す、診断キット。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT