フィールドプログラマブルゲートアレイ、フィールドプログラマブルゲートアレイ開発ツール、及び、フィールドプログラマブルゲートアレイ開発方法

開放特許情報番号
L2016001771
開放特許情報登録日
2016/11/23
最新更新日
2016/11/23

基本情報

出願番号 特願2014-117851
出願日 2014/6/6
出願人 国立大学法人静岡大学
公開番号 特開2015-231205
公開日 2015/12/21
発明の名称 フィールドプログラマブルゲートアレイ、フィールドプログラマブルゲートアレイ開発ツール、及び、フィールドプログラマブルゲートアレイ開発方法
技術分野 電気・電子
機能 制御・ソフトウェア、機械・部品の製造
適用製品 フィールドプログラマブルゲートアレイ、及び、その開発ツール及び開発方法
目的 高速化のために並列動作数を増やす場合に、小型化、低価格化、及び、低リーク電力化が可能なフィールドプログラマブルゲートアレイを提供する。
効果 本発明によれば、FPGAの高速化のために並列動作数を増やす場合に、小型化、低価格化、及び、低リーク電力化が可能となる。
技術概要
フィールドプログラマブルゲートアレイであって、
複数の共有論理ブロック群であって、前記複数の共有論理ブロック群それぞれは、1つの論理ブロック用コンフィグレーションメモリと、前記1つの論理ブロック用コンフィグレーションメモリを共有する少なくとも2つの論理ブロックとを有する、前記複数の共有論理ブロック群を備える、フィールドプログラマブルゲートアレイ。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT