固体撮像装置

開放特許情報番号
L2016001756
開放特許情報登録日
2016/11/21
最新更新日
2016/11/21

基本情報

出願番号 特願2012-056497
出願日 2012/3/13
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2013-192015
公開日 2013/9/26
登録番号 特許第6001887号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 固体撮像装置
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 固体撮像装置
目的 入出力特性の線形性を改善することができるとともに、S/Nを高めることができる固体撮像装置を提供すること。
効果 固体撮像装置の出力バッファ回路の入出力特性を線形にし、S/Nを向上させることができる。
技術概要
画素10内に配置され、フローティングディフュージョンFDからゲートに入力される電圧を増幅する増幅トランジスタM6と、画素外のカラム領域30、31に配置され、前記増幅トランジスタに選択トランジスタM7及び垂直信号線40を介して接続された負荷トランジスタM8、M9とを有する出力バッファ回路を有する固体撮像装置であって、
前記カラム領域の基板電位を前記画素内の基板電位と分離し、前記負荷トランジスタの基板電位を出力電位V↓(OUT)又は電源電位V↓(DD)に設定して前記負荷トランジスタの基板端子とソース端子とを接続するとともに、前記増幅トランジスタの基板電位を接地電位に設定して前記増幅トランジスタの基板端子とソース端子とを接続したことを特徴とする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT