色変換装置、カラーサブサンプリング装置およびこれらのプログラム

開放特許情報番号
L2016001754
開放特許情報登録日
2016/11/21
最新更新日
2016/11/21

基本情報

出願番号 特願2012-051119
出願日 2012/3/8
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2013-187723
公開日 2013/9/19
登録番号 特許第5901362号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 色変換装置、カラーサブサンプリング装置およびこれらのプログラム
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 カラー画像を符号化する際の前処理
目的 入力画像の色の統計的な偏りに応じた色変換を行うことで、サブサンプリング時における画質劣化を抑制する技術を提供する。
効果 入力画像の各色成分を、サブサンプリングが行われた際に画質劣化が抑制されるような新たな色成分へとそれぞれ変換することができる。
技術概要
カラーサブサンプリング装置2は、入力画像A,BおよびCのサブサンプリング時に失われる損失成分(差分画像P,Q,R)を抽出する損失成分抽出手段10,20および30と、差分画像P,Q,Rの各画素位置のベクトル列S(x,y)に対し主成分分析を行う主成分分析手段40と、主成分分析手段40で得られた結合係数ベクトルw↓kに基づく色変換行列Mを生成し、色変換行列Mを色成分A,B,Cに乗算して新たな色成分X,Y,Zにそれぞれ変換する色空間変換手段50と、を備える色変換手段(色変換装置)1と、色成分X,Y,Zのうち、主成分分析手段40で得られた固有値の小さい方から1,2番目の色成分Y,Zからなる画像Y,Zの画素を所定量間引く画素間引き手段60,70と、を備える。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT