アンテナ装置

開放特許情報番号
L2016001740
開放特許情報登録日
2016/11/21
最新更新日
2016/11/21

基本情報

出願番号 特願2012-018833
出願日 2012/1/31
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2013-157920
公開日 2013/8/15
登録番号 特許第5924959号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 アンテナ装置
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 アンテナ装置
目的 低周波数帯と高周波数帯との2周波共用を実現することができ、小型化を図ることが可能な給電部が設けられたアンテナ装置を提供する。
効果 本発明によれば、2周波共用のアンテナ装置を実現することができ、その給電部の小型化を図ることが可能となる。
技術概要
アンテナ装置を構成する12GHz/21GHz帯共用給電部は、4つの同一サイズの円形素子からなる12GHz帯素子1−1〜1−4と、4つの同一サイズの円形素子からなる21GHz帯素子2−1〜2−4とを、1枚の誘電体基板4上に両素子が重ならないように、かつ、45度ずらして誘電体基板4上に配置する。12GHz帯素子1−1〜1−4及び21GHz帯素子2−1〜2−4は、正方形を形成するように、その4角の位置にそれぞれ配置される。これにより、パラボラアンテナの反射鏡に対向する12GHz/21GHz帯共用給電部として小型化を図ることができ、省スペース化及び低コスト化を図ることができる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT