遠隔患者支援システム

開放特許情報番号
L2016001734
開放特許情報登録日
2016/11/18
最新更新日
2017/11/17

基本情報

出願番号 特願2016-061513
出願日 2016/3/25
出願人 学校法人日本大学
公開番号 特開2017-174266
公開日 2017/9/28
発明の名称 遠隔患者支援システム
技術分野 情報・通信、食品・バイオ、化学・薬品
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 遠隔患者支援システム
目的 遠隔患者支援システムにおいて、遠隔地における患者の個人情報を守る適切なセキュリティを確保しながら、遠隔地であっても迅速な医療支援を行うこと。
効果 遠隔地における患者の個人情報を守る適切なセキュリティが確保でき、遠隔地であっても迅速な医療支援を確保することできる。
技術概要
医療機関から遠隔にある患者室に設けられる患者室端末、及び、予め登録された複数の医療支援者のそれぞれが用いる複数の支援者端末を、予め定めた所定のセキュリティ基準を満たす通信方式で接続するネットワークと、
ネットワークに接続される患者支援制御装置と、
患者支援制御装置に接続され、患者室端末から送信される患者状態に関するデータを時間に関連付けて記憶する患者データ記憶部と、を含み、
患者室端末は、患者室の患者の状態を撮像する撮像装置、及び、患者室の患者の状態を検出する複数のセンサ装置に接続され、撮像装置からの撮像画像データ、及び、複数のセンサ装置からのセンサデータについてネットワークを介して送信する送信部を有し、
患者支援制御装置は、ネットワークを介して患者室端末から送信される撮像画像データ及び複数のセンサデータの内の少なくとも1つのデータについて予め定めた緊急状態判定閾値を用いて患者の状態が緊急状態か否かを判定し、
患者の状態が緊急状態であると判定するときは、ネットワークを介して、複数の支援者端末の全てに緊急信号を同時に送信することを特徴とする遠隔患者支援システム。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT