タンパク質シート及びタンパク質シートの製造方法

開放特許情報番号
L2016001733
開放特許情報登録日
2016/11/18
最新更新日
2016/12/29

基本情報

出願番号 特願2016-036390
出願日 2016/2/26
出願人 学校法人日本大学
公開番号 特開2016-166339
公開日 2016/9/15
発明の名称 タンパク質シート及びタンパク質シートの製造方法
技術分野 有機材料、食品・バイオ
機能 食品・飲料の製造
適用製品 タンパク質シート及びタンパク質シートの製造方法
目的 曲げ強さ及び伸展性に優れるタンパク質シートの提供、および該タンパク質シートの製造方法を提供する。
効果 タンパク質シートの原料として、熱凝固性タンパク質とともにカゼインナトリウムを配合することで、曲げ強さ及び伸展性(体感的には柔軟性)並びに透明度に優れるタンパク質シートが得られることを見出した。これは、従来のカゼイン若しくはカゼインの塩の使用法を考慮しても意外な結果であり、また、カゼインナトリウムの配合により、タンパク質シートの特性を格段に向上させることができる。
技術概要
熱凝固性タンパク質、及びカゼイン若しくはカゼインの塩を含有し、水分含有量が30質量%以下であるタンパク質シート。タンパク質シートは、熱凝固性タンパク質、カゼイン若しくはカゼインの塩、及び溶媒を含有する試料液をシート状に広げる工程と、前記溶媒を取り除くことによりシート化させる工程と、を有するタンパク質シートの製造方法により製造可能である。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT