真皮再建用テンプレート

開放特許情報番号
L2016001706
開放特許情報登録日
2016/11/17
最新更新日
2016/11/17

基本情報

出願番号 特願2014-226599
出願日 2014/11/7
出願人 学校法人日本大学
公開番号 特開2016-087187
公開日 2016/5/23
発明の名称 真皮再建用テンプレート
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品
機能 材料・素材の製造、安全・福祉対策
適用製品 真皮再建用テンプレート
目的 真皮の再構築が可能であり、再構築後の真皮に移植される自家培養表皮等の表皮が安定して生着でき、脱落しにくい真皮再建用テンプレートの提供を課題とする。
効果 本発明の脱分化脂肪細胞(DFAT)を含有した真皮再建用テンプレートを用いることにより、熱傷等による皮膚欠損の治療にあたり、自家培養表皮等の表皮の生着率を向上することが可能となる。これにより、表皮の生着率を向上させることができ、広範囲熱傷に限らず、巨大母斑、外傷性皮膚欠損等の幅広い皮膚の疾患や症状の改善をすることが可能となる。
技術概要
脱分化脂肪細胞(DFAT)を含ませることにより、真皮の再構築が可能であり、再構築後の真皮に移植される自家培養表皮等の表皮が安定して生着でき、脱落しにくい真皮再建用テンプレートを提供する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT