磁気デバイス及び論理回路装置

開放特許情報番号
L2016001662
開放特許情報登録日
2016/11/9
最新更新日
2016/11/9

基本情報

出願番号 特願2015-039011
出願日 2015/2/27
出願人 公立大学法人大阪府立大学
公開番号 特開2016-162843
公開日 2016/9/5
発明の名称 磁気デバイス及び論理回路装置
技術分野 電気・電子
機能 材料・素材の製造
適用製品 磁気デバイス及び論理回路装置
目的 本発明は、キラルらせん磁気秩序を示す磁性体の特性を利用した磁気デバイスを提供する。
効果 キラルらせん磁気秩序を示す磁性体からなる磁性体部に磁場を印加することができ、磁性体部のらせん状に並んだ磁気モーメントのソリトン格子の周期長さを変化させることや磁性体を強制的に強磁性状態にすることができる。また、磁場印加部により印加する磁場の大きさを変化させることにより、磁性体部の電気伝導特性又は光学特性を変化させることができる。また、磁場印加部により、磁性体部に局所的に磁場を加えることや印加磁場の強さを少し変化させることなどが可能である。
技術概要
キラルらせん磁気秩序を示す磁性体からなる磁性体部と、
磁場を印加することにより前記磁性体部の電気伝導特性又は光学特性を変化させる磁場印加部と、前記電気伝導特性又は光学特性に基づき出力信号を出力する出力部とを備えることを特徴とする磁気デバイス。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT