オゾン分解性共重合体、そのオゾン分解法及び表面改質フィルム

開放特許情報番号
L2016001657
開放特許情報登録日
2016/11/9
最新更新日
2016/11/9

基本情報

出願番号 特願2014-094731
出願日 2014/5/1
出願人 公立大学法人大阪府立大学
公開番号 特開2015-212321
公開日 2015/11/26
発明の名称 オゾン分解性共重合体、そのオゾン分解法及び表面改質フィルム
技術分野 有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 オゾン分解性共重合体、そのオゾン分解法及び表面改質フィルム
目的 優れた耐熱性、透明性、及び硬化反応性、ならびにオゾン分解性を有する光学材料に好適な共重合体を提供することを課題とする。
効果 本発明のオゾン分解性共重合体は、高いオゾン分解性を有するため、優れた耐熱性、透明性及び硬化反応性を保持したまま、使用後の処理や廃棄による環境問題の発生を抑制できる。また、オゾン分解により低分子量化や可溶化が可能となるので、リワーク性を向上できる。また、本発明のオゾン分解性共重合体からなるフィルムは、オゾンに晒すことで、優れた耐熱性、透明性及び硬化反応性を保持したまま、表面を親水性に改質することが可能である。
技術概要
 
本発明者等は、上記課題を解決するため、鋭意検討した結果、特定のビニル化合物(ジビニル化合物、環状エキソメチレン型ジエン化合物又はエキソメチレン型ビシクロ化合物)と、無水マレイン酸、マレイミド又はそれらの誘導体とに由来する共重合体が、オゾン分解性を示すことで、上記課題を解決し得ることを見出し、本発明を完成するに至った。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT