高速アッセイ用キャピラリー及びそれを用いた高速アッセイ法

開放特許情報番号
L2016001656
開放特許情報登録日
2016/11/9
最新更新日
2016/11/9

基本情報

出願番号 特願2014-096862
出願日 2014/5/8
出願人 公立大学法人大阪府立大学
公開番号 特開2015-215188
公開日 2015/12/3
発明の名称 高速アッセイ用キャピラリー及びそれを用いた高速アッセイ法
技術分野 情報・通信
機能 検査・検出、材料・素材の製造
適用製品 高速アッセイ用キャピラリー及びそれを用いた高速アッセイ法
目的 試料と試薬と混合から数分以内でのシグナル測定を可能とする高速アッセイ用キャピラリー及びそれを用いた高速アッセイ法を提供すること。
効果 本発明によれば、従来法より短時間での、例えばキャピラリー内腔中への被検試料の導入から5分以内の対象物質の測定が可能になる。
技術概要
測定対象物に結合できる第1の検出試薬を含んでなる層と、前記測定対象物に第1の検出試薬と同時に結合できる第2の検出試薬を含んでなる層とをキャピラリーの内腔壁面上に備え、第1及び第2の検出試薬の一方が蛍光標識され、他方がナノカーボンに固定されていることを特徴とする蛍光消光型サンドイッチアッセイ用キャピラリーを提供する。また、測定対象物に結合できる第1の検出試薬を含んでなる層と、該第1の検出試薬に前記測定対象物と競合的に結合できる第2の検出試薬を含んでなる層とをキャピラリーの内腔壁面に備え、第1及び第2の検出試薬の一方が蛍光標識され、他方がナノカーボンに固定されていることを特徴とする蛍光消光型競合アッセイ用キャピラリーを提供する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT