金属クラッド溶接材および金属クラッド溶接材の製造方法

開放特許情報番号
L2016001650
開放特許情報登録日
2016/11/9
最新更新日
2018/11/21

基本情報

出願番号 特願2014-156568
出願日 2014/7/31
出願人 公立大学法人大阪府立大学
公開番号 特開2016-032829
公開日 2016/3/10
登録番号 特許第6408824号
特許権者 公立大学法人大阪府立大学
発明の名称 金属クラッド溶接材および金属クラッド溶接材の製造方法
技術分野 機械・加工
機能 材料・素材の製造
適用製品 金属クラッド溶接材およびその製造方法
目的 融点が800℃以上と大きく異なる2種類の金属をクラッドしたクラッド材を溶接した溶接材および当該溶接材の製造方法を提供する。
効果 本発明により、融点が800℃以上と大きく異なる2種類の金属をクラッドしたクラッド材を溶接したクラッド溶接材を提供することが可能となる。またこのような溶接材の製造方法の提供も可能となる。
技術概要
1)第1の金属より成る第1金属層と、第1の金属よりも融点が800℃以上高くかつ熱伝導率が3分の1以下である第2の金属より成る第2金属層とをクラッドしたクラッド材の端部を2つ対向して配置する工程と、
2)前記第1金属層の表面を冷却しながら、前記第2金属層の表面の一部にレーザを照射し、前記2つの端部の少なくとも一方の前記第2金属層の一部を溶融し、かつ前記第2の金属からの熱伝達により、前記2つの端部の前記第1金属層の少なくとも一方の一部を溶融する工程と、
3)溶融した前記第1の金属および溶融した前記第2の金属を凝固させることにより、前記2つの端部の未溶融部分を繋ぐ凝固部を形成する工程と、
を含むことを特徴とするクラッド溶接材の製造方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT