電波反射体

開放特許情報番号
L2016001618
開放特許情報登録日
2016/11/3
最新更新日
2016/11/3

基本情報

出願番号 特願2015-020800
出願日 2015/2/5
出願人 国立研究開発法人情報通信研究機構
公開番号 特開2016-144164
公開日 2016/8/8
発明の名称 電波反射体
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 電波反射体
目的 直進性の高い電波を多様な方向へ反射させる拡散反射が可能な電波反射体を提供する。
効果 目的とする電波の波長λに対応させた拡散反射構造を反射面に形成することで、対応する周波数の電波が反射面に入射されたときには、これを多様な方向へ反射させることが可能となる。
技術概要
電波反射シート1の拡散反射面11は、平坦な反射基準面111に対して、目的とする電波の波長λを直径とした外周縁に連なる曲面(例えば、真球の半球面、円錐台の斜面、円柱の周面など)を有する拡散起生部112を複数設け、全ての拡散起生部112は、隣接する他の拡散起生部112との隣接距離Lが等しくなるよう整列配置し、且つ、その隣接距離Lを隣接距離係数k(拡散起生部の特性に基づき定めた値)と波長λとの積(L=kλ)に設定することで拡散反射構造と成し、拡散反射面11に電波が照射されると、拡散起生部112と拡散起生部112との間に共振が起きて、多様な定在波が発生し、拡散反射が起きる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT