高速炉の制御棒案内管

開放特許情報番号
L2016001614
開放特許情報登録日
2016/11/2
最新更新日
2016/11/2

基本情報

出願番号 特願2014-264483
出願日 2014/12/26
出願人 国立研究開発法人日本原子力研究開発機構
公開番号 特開2016-125837
公開日 2016/7/11
発明の名称 高速炉の制御棒案内管
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 高速炉の制御棒案内管
目的 溶融燃料の炉心外への流出を促進させることのできる高速炉の制御棒案内管を提供する。
効果 溶融燃料の炉心外への流出を促進させることのできる高速炉の制御棒案内管を提供することができる。
技術概要
断面形状が略凹形の流路内構造物を内側に収容した高速炉の制御棒案内管において、
前記流路内構造物の略凹形を形成する凹部内に流入・堆積した溶融燃料の熱容量により昇温して溶断することのできる肉薄部を、前記凹部の周壁に当該凹部の周方向に沿って連続して設けたことを特徴とする高速炉の制御棒案内管。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT