表示装置

開放特許情報番号
L2016001594
開放特許情報登録日
2016/10/31
最新更新日
2016/10/31

基本情報

出願番号 特願2011-250744
出願日 2011/11/16
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2013-105148
公開日 2013/5/30
登録番号 特許第5941661号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 表示装置
技術分野 情報・通信、電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 表示装置
目的 装置の大型化・厚型化を招くことなく表示品質の低下を防止できる表示装置を提供する。
効果 本発明では、配線抵抗を小さくすることで、装置の大型化・厚型化を招くことなく表示品質の低下を防止可能な表示装置を提供可能となる。
技術概要
基板11の一方の面11a側に複数の画素部毎に発光部40が設けられる。複数の画素部の位置に対応して基板にマトリックス状に配置され発光部の発光に関する用力が伝達される複数種の配線が設けられる。複数種の配線のうち、少なくとも一種の配線33の少なくとも一部は、基板の他方の面11b側に臨んで設けられる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT