イントラ予測装置、符号化装置、復号装置、及びプログラム

開放特許情報番号
L2016001591
開放特許情報登録日
2016/10/31
最新更新日
2016/10/31

基本情報

出願番号 特願2011-226230
出願日 2011/10/13
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2013-090015
公開日 2013/5/13
登録番号 特許第5898452号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 イントラ予測装置、符号化装置、復号装置、及びプログラム
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 イントラ予測装置、符号化装置、復号装置、及びプログラム
目的 予測対象ブロックと該予測対象ブロックに隣接する参照画素との相関を考慮した予測式を用いることにより、イントラ予測の確度を向上させる。
効果 予測対象ブロックと該予測対象ブロックに隣接する参照画素との相関を考慮した予測式を用いてイントラ予測を行うことにより、イントラ予測の確度を向上させることができるようになる。
技術概要
イントラ予測装置1は、プライマリ予測モードに基づいてプライマリコンポーネント信号の予測画像を生成するプライマリ予測画像生成部10と、プライマリ予測モードが示す予測方向に応じて、予測式の係数導出に用いる参照画素の位置を決定し、該参照画素の位置を示す参照画素位置情報を生成する参照画素選択部11と、前記参照画素位置情報が示す、プライマコンポーネント信号の画素及びセカンダリコンポーネント信号の画素から予測式の係数を導出する係数導出部14と、前記係数を代入した予測式を用いてセカンダリコンポーネント信号のイントラ予測を行い、セカンダリコンポーネント信号の予測画像を生成する第1セカンダリ予測画像生成部15と、を備える。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT