立体画像撮影装置および立体画像表示装置

開放特許情報番号
L2016001589
開放特許情報登録日
2016/10/31
最新更新日
2016/10/31

基本情報

出願番号 特願2012-002001
出願日 2012/1/10
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2013-142743
公開日 2013/7/22
登録番号 特許第5948059号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 立体画像撮影装置および立体画像表示装置
技術分野 情報・通信、電気・電子
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 立体画像撮影装置および立体画像表示装置
目的 インテグラルフォトグラフィにおいて、精細度の偏りを軽減またはなくした立体像を得ることができる、立体画像撮影装置および立体画像表示装置を提供する。
効果 インテグラルフォトグラフィにおいて、精細度の偏りを軽減またはなくした立体像を得ることができる。
要素画像の中心位置から外側に離れるほど画素を大きくするため、中心部に対して集光性能が劣る周辺部において、許容錯乱円を大きくすることができ、且つ色収差等の光学劣化による影響を抑えることができる。
技術概要
複数の要素レンズを二次元配列して構成したレンズアレイと、前記レンズアレイを通して得られる光束を、前記レンズアレイにおける各要素レンズの光線密度に応じた画素構造を有する撮像面で受光して撮像し、前記複数の要素レンズそれぞれに対応する要素画像の集合であるインテグラル画像を生成する撮像部と、を備え、
前記撮像部は、前記光束を、前記各要素レンズの光線密度が高いほど画素が大きい撮像面で受光して撮像する
ことを特徴とする立体画像撮影装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT