撮像素子

開放特許情報番号
L2016001584
開放特許情報登録日
2016/10/31
最新更新日
2016/10/31

基本情報

出願番号 特願2011-253313
出願日 2011/11/18
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2013-110538
公開日 2013/6/6
登録番号 特許第5926034号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 撮像素子
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 材料・素材の製造
適用製品 撮像素子
目的 高解像度化した画素(例えば、1μm角以下の画素サイズ)を有する撮像素子を提供する。
効果 高解像度の画素(例えば、1μm角以下の画素サイズ)を有する撮像素子を提供することができる。特に、従来の撮像素子で生じていた画素間の不感領域を大幅に低減させ、同一の画素サイズ比較でS/Nを改善することができる。さらに当該感光部の分割領域や当該感光部における画素信号の読み出し順序について用途に応じた撮像の自由度を高めることができる。
技術概要
X,Y軸平面上に正方又は六方配置された各感光部から蓄積電荷に相当する信号をZ軸方向に並列に抽出して出力する積層素子と、
前記積層素子における感光部を有する素子に対して設けられ、それぞれの感光部に対して一部の領域で遮光するための当該感光部の面積よりも小さい面積を有する1つの遮光部を、当該感光部の領域の範囲内で走査することにより当該感光部を所定の分割数で分割し、当該分割した各領域における遮光による蓄積電荷の変化量によって画素を形成する液晶素子と、を備え、
前記遮光による蓄積電荷の変化量は、当該感光部を遮光することなく第1の蓄積時間で得られる蓄積電荷に相当する信号について当該第1の蓄積時間で正規化した信号を基準とし、当該基準にした蓄積電荷に相当する正規化した信号と、第2の蓄積時間で当該遮光部により遮光して得られる蓄積電荷に相当する信号について当該第2の蓄積時間で正規化した信号との差分から得られる蓄積電荷の時間変化量とすることを特徴とする撮像素子。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT