放送通信連携受信装置及びリソースアクセス制御プログラム

開放特許情報番号
L2016001583
開放特許情報登録日
2016/10/31
最新更新日
2016/10/31

基本情報

出願番号 特願2013-515229
出願日 2012/5/18
出願人 日本放送協会
公開番号 WO2012/157755
公開日 2012/11/22
登録番号 特許第5961164号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 放送通信連携受信装置及びリソースアクセス制御プログラム
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 一般アプリケーションに対するリソースアクセス制御の技術
目的 放送と通信を連携した放送通信連携サービスにおいて、アプリケーションを正しく認証したうえで、動作が保証されない一般アプリケーションに対して、無制限なリソースアクセスを禁止できる放送通信連携受信装置及びリソースアクセス制御プログラムを提供する。
効果 様々なサービス事業者等が制作した一般アプリケーションも取得できると共に、安全性の確保が困難な一般アプリケーションが無制限にリソースへアクセスすることを禁止できる。これによって、一般アプリケーションも視聴者に安全に提供できるため、幅広いサービス事業者等の参入を促しつつ、高い安全性を確保することができる。
さらに、システム管理者又は放送局がリソースアクセス制御テーブルを管理でき、放送通信連携受信装置のメンテナンス性が向上する。
技術概要
受信機(90)は、検証鍵を用いて、アプリケーションの署名が正当であるか否かを検証し、署名の正当性に基づいて、取得したアプリケーションがAアプリケーション又は一般アプリケーションの何れかであると認定するアプリケーション認証手段(917)と、リソースアクセス制御テーブルに基づいて、リソースアクセス制御を行うリソースアクセス制御手段(918)とを備える。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT