腹筋運動補助具

開放特許情報番号
L2016001572
開放特許情報登録日
2016/10/28
最新更新日
2016/10/28

基本情報

出願番号 特願2015-160738
出願日 2015/8/18
出願人 村山 哲夫
登録番号 特許第5902857号
特許権者 村山 哲夫
発明の名称 腹筋運動補助具
技術分野 生活・文化
機能 その他
適用製品 健康器具・グッズ フィットネス
目的 腹筋運動をする際に身体の背筋部を支えると共に位置ずれを防止し、さらに塩化ビニール製の高い反発力を利用して屈伸動作を助長する腹筋運動補助具の提供を図る。
効果 、腹筋運動補助具を構成する部品が、軽量且つ安価な部品で構成されているため、持ち運びや収納を容易とすると共に、購入単価が廉価である。
技術概要
 
床面に敷設される所定の大きさを有する矩形の敷設マットと、腹筋運動を助長する反発力を有する円柱状の背当てマットと、該背当てマットが収納される伸縮性を有する背当て収納バッグと、で構成され、前記敷設マットと、前記背当て収納バッグと、が、連結手段を介して着脱自在に連結されている手段を採る。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

導入メリット 【 】
改善効果1 上半身の支えとなる背当てマットが、高い反発力を有する円柱状のバランスボール仕様の塩化ビニール製のエアマットで構成されることで、女性や体力のない人にとって高い反発力を利用して容易に腹筋運動ができる。
改善効果2 上半身の支えとなる背当てマットを背当て収納バッグに収納することができることによって、背当てマットの製造段階での複雑な付帯加工を加えることなく製造することができる。
改善効果3 背当て収納バッグの両端には上半身を襷掛けならびに胴巻きを同時に可能とした所定の長さを有する締め付け帯が連結されていることによって、腹筋運動をする際に、屈伸角度を浅くしたい場合は、締め付け帯を胴周りに固定し、屈伸角度を深くしたい場合は、締め付け帯を背中周りに固定して好みの屈伸角度に合わせて背当てマットの固定位置を自在に調整することができる。
アピール内容 腹筋運動をする際に身体の背筋部を支えると共に位置ずれを防止し、さらに塩化ビニール製の高い反発力を利用して屈伸動作を助長する腹筋運動補助具の提供を図る。

登録者情報

登録者名称 村山 哲夫

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT