電粒子検出用材料

開放特許情報番号
L2016001567
開放特許情報登録日
2016/10/27
最新更新日
2019/8/29

基本情報

出願番号 特願2018-529832
出願日 2017/7/20
出願人 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公開番号 WO2018/021160
公開日 2018/2/1
発明の名称 荷電粒子検出用材料並びにそれを用いた荷電粒子検出膜および荷電粒子検出液
技術分野 化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 荷電粒子検出用材料並びに荷電粒子検出膜および荷電粒子検出液
目的 従来技術では観測することができない、極めて弱い電界(低い電位差)で起こる放電現象等による荷電粒子をも検出することができる荷電粒子検出用材料並びにそれを用いた荷電粒子検出膜および荷電粒子検出液を提供する。
効果 荷電粒子が、荷電粒子放出部から射出されたり、荷電粒子入射部に入射したことをリアルタイムで容易に検出することができる。
技術概要
荷電粒子放出部から荷電粒子が射出されたこと、または荷電粒子入射部に荷電粒子が入射したことを検出する荷電粒子検出用材料であって、
発光物質、エレクトロルミネセンス物質、破壊発光物質、フォトクロミック物質、残光物質、輝尽発光物質および応力発光物質の少なくとも1つを含むことを特徴とする荷電粒子検出用材料。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT