二軸船尾双胴型船舶および二軸船尾双胴型船舶の設計方法

開放特許情報番号
L2016001549
開放特許情報登録日
2016/10/21
最新更新日
2016/10/21

基本情報

出願番号 特願2012-023304
出願日 2012/2/6
出願人 国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所
公開番号 特開2013-159245
公開日 2013/8/19
発明の名称 二軸船尾双胴型船舶および二軸船尾双胴型船舶の設計方法
技術分野 輸送
機能 機械・部品の製造
適用製品 二軸船尾双胴型船舶
目的 二軸船尾双胴型船舶において、トンネル部における流れの剥離を抑制して船体の抵抗を低減し、推進効率が向上した二軸船尾双胴型船舶および二軸船尾双胴型船舶の設計方法を提供する。
効果 トンネル部の流れを改善することにより、トンネル部内の流れが剥離を起こすことを抑制し、またスケグに発生する局所的な剥離を抑制することにより船体の抵抗を低減して、推進効率を向上させることが可能となる。
二重反転効果を考慮したプロペラの推進効率の良好な二軸船尾双胴型船舶を設計することが可能となる。この場合、回転面流評価工程および全体評価工程の評価結果に基づいてプロペラを配置すれば、プロペラの推進効率をさらに良好にすることが可能となる。
技術概要
船体の船尾に二つのスケグを有し複数のプロペラが二軸で駆動される二軸船尾双胴型船舶において、
二つの前記スケグ間に形成されるトンネル部の上下方向の中央部に船体外板を隆起させる外板隆起手段を備え、前記外板隆起手段により前記トンネル部の流れを改善したことを特徴とする二軸船尾双胴型船舶。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT