内燃機関用脱硝装置及び船舶

開放特許情報番号
L2016001546
開放特許情報登録日
2016/10/21
最新更新日
2016/10/21

基本情報

出願番号 特願2010-180649
出願日 2010/8/11
出願人 国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所
公開番号 特開2012-036881
公開日 2012/2/23
登録番号 特許第5709100号
特許権者 国立研究開発法人海上・港湾・航空技術研究所
発明の名称 内燃機関用脱硝装置及び船舶
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 内燃機関用脱硝装置及びこの内燃機関用脱硝装置を搭載する船舶
目的 尿素水を用いた場合の固形物の付着の問題を無くすとともに、内燃機関の特性を維持でき、大径内を流れる排気ガスに均質に還元剤を分散させることができる内燃機関用脱硝装置及びこの内燃機関用脱硝装置を搭載する船舶を提供すること。
効果 還元剤として尿素水を用いることで、安全に取り扱うことができ、過給機の上流側の高温排気ガス中に尿素水を供給することで、尿素水を十分に分解し分散させることができ、過給機の上流側に小型の上流側脱硝触媒部を設けることで、熱容量の増加による内燃機関の特性の低下を防止でき、また尿素水の供給による固形物の付着を防止することができ、過給機の下流側に大型の下流側脱硝触媒部を設けることで、内燃機関の特性に影響を与えることなく、脱硝能力を高めることができる。
技術概要
内燃機関11と、内燃機関11の排気経路に設けた過給機15と、過給機15の下流側排気経路31に設けた下流側脱硝触媒部21と、過給機15の上流側排気経路32に設けて下流側脱硝触媒部21よりも小型の上流側脱硝触媒部22と、上流側脱硝触媒部22の更に上流側排気経路32の内部に尿素水を供給する尿素水供給手段16とを備えたことを特徴とする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT