浮体式洋上風力発電施設

開放特許情報番号
L2016001543
開放特許情報登録日
2016/10/21
最新更新日
2016/10/21

基本情報

出願番号 特願2010-248511
出願日 2010/11/5
出願人 国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所
公開番号 特開2012-097713
公開日 2012/5/24
登録番号 特許第5678391号
特許権者 国立研究開発法人海上・港湾・航空技術研究所
発明の名称 浮体式洋上風力発電施設
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 風力発電施設の回動揺動抑制装置及び浮体式洋上風力発電施設
目的 風力発電施設の発電効率や機器の耐久性に対する悪影響の原因となるジャイロ効果によるナセルの回動揺動を抑制することができる浮体式洋上風力発電施設を提供すること。
効果 風力発電施設の回動揺動抑制装置は、ジャイロ効果に起因する回動揺動を揺動抑制手段により抑制できるから、回動揺動による風力発電施設の発電効率や機器の耐久性に対する悪影響を抑制することが可能となる。浮体式洋上風力発電施設は、本発明の風力発電施設の回動揺動抑制装置を備えているから、ジャイロ効果によるナセルの回動揺動を抑制することにより、発電効率及び機器の耐久性を向上させることが可能となる。また、ジャイロ効果の逆作用により浮体のピッチング揺動も抑制することができる。
技術概要
風により回転するローター11と、ローター11の回転軸12を収容するナセル13と、ナセル13を海面Pに対して回動自在に支持して風見鶏効果を発揮させて回動座軸受14を有したタワー15を備えた浮体式洋上風力発電施設10において、タワー15にナセル13の回動揺動Tを抑制するための揺動抑制手段16が設けられていることにより、海面Pの波浪によって浮体31に生じる揺動Ωに起因するジャイロ効果によるナセル13の回動揺動Tを抑制することができる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT