船舶用電気推進装置及び船舶

開放特許情報番号
L2016001540
開放特許情報登録日
2016/10/21
最新更新日
2016/10/21

基本情報

出願番号 特願2011-119994
出願日 2011/5/30
出願人 国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所
公開番号 特開2012-245910
公開日 2012/12/13
登録番号 特許第5804312号
特許権者 国立研究開発法人海上・港湾・航空技術研究所
発明の名称 船舶用電気推進装置及び船舶
技術分野 輸送、電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 船舶用電気推進装置及び船舶
目的 推進装置自体を小型化できるとともに、船内の推進関連スペースを大幅に削減でき、また、推進力発生によって生じる大きな推力にも対応でき、耐久性にも優れた船舶用電気推進装置を提供すること。
効果 電機子及び回転子を、プロペラの中心部のボス内に配置することで、推進装置自体を小型化できるとともに、船内の推進関連スペースを大幅に削減できる。また、船尾から突出させる固定軸が、プロペラを回転させる回転軸ではないため、船体からの突出箇所におけるシール部が不要となる。また、電機子が水中に臨み、ボスが回転するため、冷却効果がよい。また、推進力発生によって生じる大きな推力を、固定軸の軸心に垂直な端面で受けることで、大型船の推力にも対応でき、耐久性にも優れている。
技術概要
船体を推進するプロペラ11と、プロペラ11の中心部に設けたボス12と、船体の船尾から突出して設けた固定軸13と、固定軸13の表面に円周方向に臨ませて設けた電機子15と、ボス12の内部に固定して設けた回転子18とを備え、電機子15に対して回転子18が回転することでプロペラ11を回転する船舶用電気推進装置であって、固定軸13の軸心に垂直な端面13a、13bを固定軸13に形成し、プロペラ11の推力を受けるスラスト軸受19a、19bを端面13a、13bに配置したことを特徴とする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT