状況を分類するツリー構造の自動生成プログラム及び状況を分類するツリー構造の自動生成装置

開放特許情報番号
L2016001529
開放特許情報登録日
2016/10/21
最新更新日
2016/10/21

基本情報

出願番号 特願2010-109063
出願日 2010/5/11
出願人 国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所
公開番号 特開2011-238031
公開日 2011/11/24
登録番号 特許第5692841号
特許権者 国立研究開発法人海上・港湾・航空技術研究所
発明の名称 状況を分類するツリー構造の自動生成プログラム及び状況を分類するツリー構造の自動生成装置
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 状況を分類するツリー構造の自動生成プログラム及び自動生成装置
目的 解析者による多くの判断や手間・時間を削減し、発生確率を考慮した状況を分類するツリー構造を生成するのに要する計算量を減らし、客観性・正確性の向上や工数削減・計算時間短縮等を実現するため、生成状況を評価しフィードバックすることにより、客観的な基準に基づいて、効率的に状況を分類するツリー構造を自動生成する。
効果 本発明は、状態量を場合分けする手続きに関し、企業意思決定を対象としたイベントツリーのみならず、従来の確率論的なアプローチ全般や木構造で状態の場合分けを行うデシジョンツリー等に利用可能である。
技術概要
入力手段から入力された事象の初期条件を読み込む読込ステップと、前記初期条件に基づき初期の分岐を生成する分岐生成ステップと、前記分岐の評価値を計算する評価値計算ステップと、隣接する前記分岐の評価値の差を計算する評価値差計算ステップと、前記評価値差計算ステップで得られた評価値差の最も大きい前記分岐の間に新しい分岐を追加する分岐追加ステップと、前記分岐追加ステップで追加された前記新しい分岐を備えたツリー構造から得られる情報を出力する出力ステップとを備える。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT