多種燃料に対応可能な燃料噴射装置及び陸舶産業用内燃機関

開放特許情報番号
L2016001527
開放特許情報登録日
2016/10/21
最新更新日
2016/10/21

基本情報

出願番号 特願2010-132308
出願日 2010/6/9
出願人 国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所
公開番号 特開2011-256794
公開日 2011/12/22
登録番号 特許第5783506号
特許権者 国立研究開発法人海上・港湾・航空技術研究所
発明の名称 多種燃料に対応可能な燃料噴射装置及び陸舶産業用内燃機関
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 燃料噴射装置及び陸舶産業用内燃機関
目的 多種類の燃料に対応できる内燃機関において振動の低減及び排気ガスの性状の改善を行う。
効果 本発明の陸舶産業用内燃機関によれば、船舶のみならず鉄道車両、自動車等の他の移動機関、発電システムや産業機器に搭載される内燃機関において、燃焼室の気筒の振動を低減・抑制したり、排気ガスの性状を改善したりすることができる。また、例えば、大型の陸舶産業用内燃機関を採用した場合、副燃料系に量産効果の高い小型の自動車用コモンレールが採用できる。
技術概要
内燃機関の気筒内に燃料を噴射する燃料噴射装置であって、
機械的に制御されて主燃料を供給する主燃料系と、
電気的に制御されて副燃料を供給する副燃料系と、
前記主燃料系及び前記副燃料系に共通に設けられ、前記主燃料及び前記副燃料を前記気筒内に噴射する燃料噴射弁と、
前記燃料の性状により前記副燃料系の噴射条件を変更する制御手段と、
を備え、
前記主燃料の噴射と前記副燃料の噴射とを異なるタイミングで行うとともに、前記主燃料系より供給される燃料の性状により変化する排気ガスの性状、及び燃料の性状により変化する着火時期を推定する気筒内圧に基づいて前記副燃料系より供給される前記副燃料の噴射時期を変更することを特徴とする燃料噴射装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT