動揺低減機能付き浮体

開放特許情報番号
L2016001497
開放特許情報登録日
2016/10/14
最新更新日
2017/6/26

基本情報

出願番号 特願2013-025561
出願日 2013/2/13
出願人 国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所
公開番号 特開2014-151869
公開日 2014/8/25
登録番号 特許第6123098号
特許権者 国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所
発明の名称 動揺低減機能付き浮体
技術分野 輸送、機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 動揺低減機能付き浮体
目的 海洋等に浮かべて利用される浮体の渦励起動揺(VIM)を効率的に抑制する動揺低減機能付き浮体及び発電システムを備えた動揺低減機能付き浮体を提供する。
効果 回転手段が前記浮体本体に対する水平方向の流れにより回転可能であると、VIMや係留索の干渉の原因である水平方向の流れである潮流や海流の影響を低減できる。
回転手段が1回転する間の回転角度に依存した回転速度のむらを低減することができ、VIMの抑制効果を高めることができる。
海面近くの潮流の流れが速いことが多い海洋において流れのエネルギーを効果的に吸収することができ、VIMの抑制効果を高め、発電効率を向上させることができる。
技術概要
浮体本体と、前記浮体本体から周囲に構造的に張り出した張出構造と、
前記張出構造に軸を介して取り付けられ、前記浮体本体に対する相対的な流体の流れにより回転可能な回転手段を備えることを特徴とする動揺低減機能付き浮体。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT