船舶の操舵方法及び船舶の自動操舵装置

開放特許情報番号
L2016001495
開放特許情報登録日
2016/10/14
最新更新日
2016/10/14

基本情報

出願番号 特願2013-123006
出願日 2013/6/11
出願人 国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所
公開番号 特開2014-240225
公開日 2014/12/25
発明の名称 船舶の操舵方法及び船舶の自動操舵装置
技術分野 輸送、情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 船舶の操舵方法及び船舶の自動操舵装置
目的 舵に流入する水流の性質の舵効きへの影響を考慮した自動操舵を実現する。
効果 プロペラで推進され、舵で船首方位を変更する船舶を目標船首方位と現船首方位との偏差に基づいて指令舵角を算出して操舵する船舶の操舵方法において、外乱のない場合の標準舵角を前記舵に流入する流れによる舵直圧力に応じて補正して補正指令舵角を求める補正ステップを備え、前記補正指令舵角を前記指令舵角として用いて操舵することによって、舵に流入する水流の性質に応じて効果的に舵を制御し、安定した自動操舵航行をすることができる。
技術概要
プロペラで推進され、舵で船首方位を変更する船舶を目標船首方位と現船首方位との偏差に基づいて指令舵角を算出して操舵する船舶において、外乱のない場合の標準舵角を舵に流入する流れによる舵直圧力に応じて補正して補正指令舵角を求める補正ステップ14cを備え、補正指令舵角を指令舵角として用いて操舵する。補正ステップ14cは、舵直圧力の代わりに、舵有効流入速度に応じて標準舵角を補正して補正指令舵角を求めることが好ましい。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT