旋回装置及び搬送装置

開放特許情報番号
L2016001491
開放特許情報登録日
2016/10/13
最新更新日
2016/10/13

基本情報

出願番号 特願2009-254237
出願日 2009/11/5
出願人 本田技研工業株式会社
公開番号 特開2011-098810
公開日 2011/5/19
登録番号 特許第5405982号
特許権者 本田技研工業株式会社
発明の名称 旋回装置及び搬送装置
技術分野 輸送
機能 機械・部品の製造
適用製品 旋回装置及び搬送装置
目的 重力の影響を利用して、ワークの進行方向を変化させるとともに、ワークの垂直方向の位置を変化させることを実現可能にする。
効果 重力の影響を利用して、ワークの進行方向を変化させるとともに、ワークの垂直方向の位置を変化させることが可能になる。
その結果、従来のコンベア装置を用いる場合と比較して、機械加工ライン等の設備全体の投資を抑制することができる。また、電力やエア等のエネルギー排出を抑制することができる。
また、機械加工ラインに特有の切削油や切子の飛沫等に対する耐久性が向上し、故障の少ないラインを構築することが容易にできる。
技術概要
シリンダ72は、弾性体73により回転連結部材77を上方向に付勢する。シリンダ72は、飛出防止機構78により係止されたワーク61の自重により弾性体73の付勢力に抗して下動し、ワーク61の自重から解放された場合には弾性体73の付勢力により上動するように配設されている。シリンダ72には、下動又は上動時の旋回を案内するリード溝91が形成されている。ガイドピン74は、リード溝72に挿入された状態を維持することで、上動又は下動しているシリンダ72を旋回させる。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT