反応射出成形装置

開放特許情報番号
L2016001464
開放特許情報登録日
2016/10/6
最新更新日
2016/10/6

基本情報

出願番号 特願2003-081696
出願日 2003/3/25
出願人 株式会社カワタ
公開番号 特開2004-284296
公開日 2004/10/14
登録番号 特許第4054271号
特許権者 株式会社カワタ
発明の名称 反応射出成形装置
技術分野 化学・薬品、機械・加工、有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 射出成形機
目的 高射出速度で射出しても、安定した発泡成形体を成形することのできる反応射出成形装置を提供すること
効果 大量の原料を連続的に混合しても、それらを段階的に導入することにより、混合に伴う圧力損失を低減することができる。その結果、高射出速度で射出しても、安定した発泡成形体を成形することができる
技術概要
 
原料供給手段と、不活性流体供給手段と、原料および活性流体を連続的に予備混合する予備混合手段と、予備混合物中において、原料に不活性流体を連続的に溶解するための溶解手段と、予備混合物を高圧で射出して、反応させながら金型に注入する混合注入手段とを備える。
予備混合手段では、混合部において原料と不活性流体とが衝突混合されると、
通路開閉手段によって混合チャンバに備えられた第2導入通路が閉塞された状態では、混合部において不活性流体と原料とが混合された予備混合物が、混合部から流出通路を通って流出口から流出される。
また、通路開閉手段によって混合チャンバに備えられた第2原料導入路が開放された状態では、混合部において不活性流体と原料とが混合された予備混物が混合部から流出通路を通って流出口に至るまでに、流出通路に臨む第2原料導入通路からさらに原料が予備混合物に混合される。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 株式会社カワタ

技術供与

ノウハウ提供レベル
量産仕様の提供 【可】
特殊仕様の提供 【可】
技術指導 【可】
技術指導料 【要】 

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
設備売却の意思 【有】
Copyright © 2017 INPIT