磁性ナノ粒子固定化含窒素複素環カルベン−金(I)錯体

開放特許情報番号
L2016001459
開放特許情報登録日
2016/10/5
最新更新日
2018/2/27

基本情報

出願番号 特願2016-125898
出願日 2016/6/24
出願人 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2017-226636
公開日 2017/12/28
発明の名称 磁性ナノ粒子固定化含窒素複素環カルベン−金(I)錯体
技術分野 有機材料、機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 新規な磁性ナノ粒子固定化含窒素複素環カルベン−金(I)錯体
目的 磁性ナノ粒子固定化触媒として、炭素−炭素多重結合への付加反応に用いられる新規な磁性ナノ粒子固定化含窒素複素環カルベン−金(I)錯体の提供。
効果 本発明に係る磁性ナノ粒子固定化含窒素複素環カルベン−金(I)錯体は、炭素−炭素多重結合への付加反応における触媒として有効であり、反応終了後磁石に引き寄せることにより容易に回収でき、また再利用も可能である。
技術概要
 
下式で表される含窒素複素環カルベン−金(I)錯体が、当該一般式中のSiに結合する3つのR1−O−基の少なくとも1つが磁性ナノ粒子中の酸素原子と置き換わることにより、当該磁性ナノ粒子に固定化された構造を含有する、磁性ナノ粒子固定化含窒素複素環カルベン−金(I)錯体。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT