複数の通信を同期させるシステム及び方法

開放特許情報番号
L2016001416
開放特許情報登録日
2016/9/15
最新更新日
2016/9/15

基本情報

出願番号 特願2000-359579
出願日 2000/11/27
出願人 富士通株式会社
公開番号 特開2002-164915
公開日 2002/6/7
登録番号 特許第4489932号
特許権者 富士通株式会社
発明の名称 複数の通信を同期させるシステム及び方法
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 マルチデータ通信システム
目的 複数の通信を受信側で同期させて受信することの出来る通信システム及び方法を提供すること。
効果 動画や立体画像などの容量の大きい通信データを送信する際、単一のネットワーク経路では帯域が足りなくても、受信側に、このような通信データを同期を確保しながら受信させることが出来る。
技術概要
 
【課題】複数の通信を受信側で同期させて受信することの出来る通信システム及び方法を提供する。
【対応】送信者は、送信すべき通信データを分割して別経路で分割された通信データを送信する。受信側では、別経路で分割されて送られてきた通信データの相互の同期をとって再生する。受信側で同期が取れるようにするため、分割通信データの付加情報として、「チャネル番号」、「発信時刻」、「データ生成時刻」、「音声情報の有無」、「画像情報の有無」などを用いる。そして、これらを基に、受信側で独立して送信されてきた通信データ間の同期を取る。あるいは、送信側で、予め同期を取った通信データを送信し、送信側が通信データを送信する際に使用した同期情報を用いて受信側で受信データ間の同期を取る。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 条件面は要相談でお願い申し上げます。

登録者情報

登録者名称 富士通株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【有】  アメリカ合衆国、ヨーロッパ
Copyright © 2017 INPIT