発光装置の製造方法

開放特許情報番号
L2016001402
開放特許情報登録日
2016/9/2
最新更新日
2016/9/2

基本情報

出願番号 特願2008-245600
出願日 2008/9/25
出願人 株式会社フジクラ
公開番号 特開2010-080588
公開日 2010/4/8
登録番号 特許第5380027号
特許権者 株式会社フジクラ
発明の名称 発光装置の製造方法
技術分野 機械・加工、電気・電子
機能 機械・部品の製造、材料・素材の製造
適用製品 発光装置の製造方法および製造装置
目的 500個を超えるような多数の発光装置を連続的に製造する場合においても、歩留まりの高い発光装置の製造方法および製造装置を提供する。
効果 本発明の発光装置の製造方法は、500個を超えるような多数の発光装置を連続的に製造する場合においても、色度のばらつきを大幅に低減し、一定の色度を有する発光装置を高い歩留まりで安定して製造することができる。
技術概要
パッケージに発光素子を実装し、前記発光素子に、前記発光素子から発せられた光の少なくとも一部を吸収して発光する蛍光物質を含み、前記発光素子を封止する封止材を塗布することによって発光装置を製造する方法であって、
前記封止材を冷却しながら攪拌することにより、粘度の上昇を抑えながら、前記発光素子に前記封止材を塗布し、前記発光素子に前記封止材を塗布する前から、前記発光素子を実装した前記パッケージを、前記封止材が前記発光素子に塗布した直後に硬化する温度に加熱することを特徴とする発光装置の製造方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【否】

登録者情報

登録者名称 株式会社フジクラ

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT