ケーブル巻取機

開放特許情報番号
L2016001370
開放特許情報登録日
2016/8/31
最新更新日
2016/8/31

基本情報

出願番号 特願2007-329589
出願日 2007/12/21
出願人 仲川 孝四
公開番号 特開2009-149419
公開日 2009/7/9
登録番号 特許第4436407号
特許権者 仲川孝四
発明の名称 ケーブル巻取機
技術分野 輸送
機能 機械・部品の製造
適用製品 ケーブル巻取機
目的 ケーブルの中央に限らずケーブルの任意の位置に取り付け可能であり、かつケーブルを加工してリールに取り付けるなど手間を必要としないケーブル巻取機を提供すること。
効果 ケーブルに対するケーブル巻取機の装着位置は、ケーブルの中央のみならず、端部などのように取り付け場所が制限されることなく任意の位置に取り付けて使用することができる。
ケーブルがリールを締め付けて回転不能に陥るというようなことがなく、円滑にケーブルを巻き取ることができる。
ケーブル牽引用プーリーに対して安定してケーブルを供給するとともに、ケーブルの絡み等を防止してケーブルの円滑な収容、排出ができる。
技術概要
ケース内において回転可能に支持されたケーブル巻取用リールと、
当該巻取用リールを中心に公転するケーブル牽引用プーリーと、
前記ケーブル巻取用リールと連動して回転し、当該ケーブル巻取用リールに巻回される長さよりもケーブルを多く引き込むように設定された引き込み用プーリーを有し、
前記ケース内に引き込むケーブルの一端を固定するとともに、
前記引き込み用プーリーによって引き込んだケーブルを前記公転するケーブル牽引用プーリーによって誘導し前記ケーブル巻取用リールに巻き付けるようにしたことを特徴とするケーブル巻取機。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 仲川 孝四

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT