データ処理システム及びデータ処理方法

開放特許情報番号
L2016001359
開放特許情報登録日
2016/9/8
最新更新日
2016/9/8

基本情報

出願番号 特願2016-140958
出願日 2016/7/18
出願人 成田 建
特許権者 成田 建
発明の名称 データ処理システム及びデータ処理方法
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 画像・動画・音声などのデジタルデータを扱う製品全般
目的 ・データの秘匿化
・データ量の縮小化
効果 人間の知覚に関するデジタルデータ(画像・動画・音声)のデータに、別のデータを織り交ぜる事が出来る。
それにより、画像(動画・音声でも可)ファイルを通して、別目的のデータの受け渡しが可能となり、データの秘匿化として活用できる。

どのような製品でも、どのような目的でも活用出来る(以下、例)
・ソーシャルゲーム
・iPhone、Androidアプリ
・デジタルカメラ
・SNS
・コミュニケーションツール
技術概要
 
▼詳細資料
http://www.slideshare.net/narita_take/ss-64209739

画像、動画、音声など、人間の五感に対して働きかけるデータというのは、ある程度欠損した
ところで、人間が知覚できるとは到底思えない。

そこで、敢えてデータを欠損させ、その欠損した場所をデータ格納領域とみなし、
別のデータを織り交ぜる。
織り交ぜるデータは、デジタルで表現可能なものは全て可能。
(テキスト、暗号化されたデータ、画像、音声、動画などなど)
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
対価条件(一時金) 【要】30000000
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 月額固定か、特許を適用した製品の売り上げに対する割合(3%-5%)。

額面は、ものによるのでご相談ください。
対価条件(ランニング) 【要】 

アピール情報

アピール内容 現在、出願中の特許になります。
早期審査にて審査手続き中です。

登録者情報

登録者名称 成田 建

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT