ロボティクス型新交通システム

開放特許情報番号
L2016001352
開放特許情報登録日
2016/8/25
最新更新日
2016/8/25

基本情報

出願番号 特願2010-119663
出願日 2010/5/25
出願人 宮崎 道人
公開番号 特開2011-245943
公開日 2011/12/8
登録番号 特許第5635809号
特許権者 宮崎 道人
発明の名称 ロボティクス型新交通システム
技術分野 輸送
機能 安全・福祉対策
適用製品 交通・物流システム
目的 新しい交通・物流システムを提案し、様々な社会環境問題を改善する
空中交通システム。
解説サイト→ http://m2system.jp/robocar/
効果 個人利用とした軽量化したモノレールで、車輛と軌道支柱にロボット機能を付加して、自動車の様に任意の移動を可能にする。
都心の渋滞、事故を解消。地方では過疎の解消そして、災害復旧用としての活用が期待できる。
技術概要
 
車輛はシステム管理かで、渋滞自動回避する。
また、車輛にはロボットアームにより、軌道分岐構造を不要にし、高所からの昇降を可能にする。
支柱は、自立制御により、基礎工事負担の軽減を図る。

解説サイト→ http://m2system.jp/robocar/
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 要 相談

アピール情報

アピール内容 新しい交通・物流システムにより、環境、完全、バリアフリー、過疎対策、交通問題の解消なと、多くの社会問題を解消します。

登録者情報

登録者名称 宮崎 道人

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT