2−ブタノン及び2−ブタノールの製造方法

開放特許情報番号
L2016001310
開放特許情報登録日
2016/8/9
最新更新日
2016/8/9

基本情報

出願番号 特願2000-390667
出願日 2000/12/22
出願人 丸善石油化学株式会社
公開番号 特開2002-193856
公開日 2002/7/10
登録番号 特許第4580546号
特許権者 丸善石油化学株式会社
発明の名称 2−ブタノン及び2−ブタノールの製造方法
技術分野 有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 n−ブタンを、分子状酸素により直接酸化して2−ブタノン及び2−ブタノールを製造する方法
目的 ブテン類より安価な炭化水素を原料として、これを空気等の分子状酸素を用いて直接酸化反応を行い、比較的穏和な条件かつ少ない工程で2−ブタノン及び2−ブタノールを製造すること。
効果 触媒として遷移金属を含むアルミニウムリン酸塩を用いることにより、安価なn−ブタンを分子状酸素により直接酸化することができ、比較的低温・低圧下、少ない工程で2−ブタノン及び2−ブタノールを得ることができる。
技術概要
 
n−ブタンを、銅、バナジウム及びコバルトよりなる群から選ばれる遷移金属原子を含み、かつ、ケイ素原子、アルミニウム原子、リン原子及び酸素原子からなるアルミニウムリン酸塩の存在下、分子状酸素により酸化することを特徴とする2−ブタノン及び2−ブタノールの製造方法。
原料として従来燃料として消費されている安価なn−ブタンやn−ブタン含有炭化水素混合物を用い、特定な触媒の存在下、これを分子状酸素により直接酸化することにより、低温・低圧下、少ない工程で2−ブタノン及び2−ブタノールが得られることを見出し、本発明を完成した。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT