第8族金属錯体触媒およびこれを利用するアルデヒドの製造方法

開放特許情報番号
L2016001307
開放特許情報登録日
2016/8/9
最新更新日
2016/8/9

基本情報

出願番号 特願2002-056944
出願日 2002/3/4
出願人 丸善石油化学株式会社
公開番号 特開2003-251192
公開日 2003/9/9
登録番号 特許第4101534号
特許権者 丸善石油化学株式会社
発明の名称 第8族金属錯体触媒およびこれを利用するアルデヒドの製造方法
技術分野 機械・加工、有機材料
機能 材料・素材の製造、検査・検出
適用製品 有機リン含有高分子を配位子とする第8族金属錯体触媒およびこれを用いるアルデヒドの製造方法
目的 反応後における生成物との分離性の良好な触媒およびこれを利用したアルデヒド類を製造する方法の提供。
効果 本発明の第8族金属錯体触媒は、一酸化炭素と水素とを用いるオレフィン化合物のヒドロホルミル化に有利に使用することができ、高収率、高転化率でアルデヒドを製造することができる。
また、本発明触媒は、ヒドロホルミル化後の反応液からの分離の容易であり、かつ分離した触媒成分が繰り返し使用可能なものである。
従って、本発明触媒およびこれを用いるアルデヒドの製造方法は、工業的に極めて有利で、実用性の高いものである。
技術概要
 
ビニルピロリドンと、ビニルピロリドンと共重合が可能な重合性官能基を有する有機リン化合物を重合させて有機リン含有高分子とし、これを高分子型配位子として調製された第8族金属錯体触媒は、反応系からの触媒分離性が良好であることを見出した。そして、この触媒を利用すればアルデヒド類を有利に製造できることを見出し、本発明を完成した。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT