脂環式アルコールの製造方法

開放特許情報番号
L2016001302
開放特許情報登録日
2016/8/9
最新更新日
2016/8/9

基本情報

出願番号 特願2002-071611
出願日 2002/3/15
出願人 丸善石油化学株式会社
公開番号 特開2003-267898
公開日 2003/9/25
登録番号 特許第4194788号
特許権者 丸善石油化学株式会社
発明の名称 脂環式アルコールの製造方法
技術分野 有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 脂環式アルコールの製造方法
目的 ヒドロホルミル化反応物を原料とし、着色のないアルコール類を経済的かつ工業的に簡便に製造する方法を提供する。
効果 特段の着色物質の除去工程を必要とせず、脂環式アルコール類を経済的かつ工業的に簡便に製造することができる。
特に本発明は、ジシクロペンタジエンまたはトリシクロペンタジエンをヒドロホルミル化して得られる環状ジカルバルデヒドを原料とし、これを活性炭の共存下に金属触媒を用いて水素化還元することによりトリシクロデカンジメタノールまたはペンタシクロペンタデカンジメタノールを製造する方法として、有用である。
技術概要
 
金属触媒を用いて脂環式アルデヒドを水素化還元して脂環式アルコールを製造する方法において、活性炭の共存する状態で(ただし、該金属触媒が活性炭に担持された金属からなる場合には、この触媒金属担持用活性炭とは別個に活性炭の共存する状態で)水素化還元を行うことを特徴とする脂環式アルコールの製造方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT