オレフィン重合用触媒及びそれを用いたオレフィンの重合方法

開放特許情報番号
L2016001300
開放特許情報登録日
2016/8/9
最新更新日
2016/8/9

基本情報

出願番号 特願2003-402182
出願日 2003/12/1
出願人 丸善石油化学株式会社
公開番号 特開2005-162838
公開日 2005/6/23
登録番号 特許第4133772号
特許権者 丸善石油化学株式会社
発明の名称 オレフィン重合用触媒及びそれを用いたオレフィンの重合方法
技術分野 有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 オレフィン重合用固体触媒、および該固体触媒を用いたオレフィン系重合体の製造方法
目的 高い重合活性を有し、分子量分布の狭いオレフィン重合体を効率よく製造するオレフィン重合用固体触媒、及びこのような良好な触媒を用いたオレフィン系重合体の製造方法を提供する。
効果 懸濁重合や気相重合においても、従来技術と異なり、固体触媒当たりの重合活性に極めて優れ、同時に、水素などの存在を必ずしも必要とせず、また、空気、水に対して安定で、金属腐食がなく、また、嵩密度が高く、粒度分布が狭く、大粒子や微粉が少ない等の粉体性状に優れ、更には分子量分布の狭いオレフィン重合体を効率的に製造することができ、生産性の向上や製品に対する触媒コストの低減が可能である。
技術概要
 
[A](i)平均粒径2〜20μm、(ii)細孔容積0.1〜0.8ml/g、(iii)比表面積350〜850m↑2/gの範囲を有するシリカを[B]有機アルミニウムオキシ化合物で処理した担体に対して、[C]下記一般式[1]または[2]で示される遷移金属化合物と[D]有機アルミニウム化合物との反応生成物を接触させることにより担持させてなることを特徴とするオレフィン重合用固体触媒。

(R↑1↓aCp)↓m(R↑2↓bCp)↓nM-(-X-Ar-Y↓c)↓(4-(m+n))・・・・[1]

R↑3(R↑1↓dCp)(R↑2↓eCp)M-(-X-Ar-Y↓c)↓2 ・・・・[2]
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT